スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

無線綴じの作り方

1901/12/14 Sat 05:45

自分用メモも兼ねて。

【用意するもの】
・束にしたい紙・液体のり・ティッシュ
・締め付けの強いクリップ(ダブルクリップ、目玉クリップ等)

①束にしたい紙を用意。
110205_144920.jpg
②綴じたい(背にしたい)天地を、ダブルクリップで隙間ができないようしっかりとめる。
 (今回クリップがなかったので洗濯バサミを代用。のりがつくのでクリップあるならクリップで。)
110205_145041.jpg
③綴じたい(背にしたい)面に液体のりをまんべんなくぺっとり塗る。
110205_145140.jpg
④液体のりを塗った面に、ティッシュ(2枚組のを1枚にした薄いの)を被せ、
 のりを塗った部分にささっと密着させる。(綴じた時に繋ぎになる)
 紙に隙間ができないよう、さらに補強のクリップで挟む。
110205_145420.jpg
⑤拡大(ぼやけてるけど)こんな感じ。
 のりがカラカラになるまで放置して乾かす。
110205_145533.jpg
⑥のりが完全に乾いたら余分なティッシュをはがす。
 (1~2時間くらいは放置が◎)
 今回は少しのりが足りなかったかな…。
110205_155927.jpg
⑦開いてみるとノート状に。
110205_153313.jpg
ちゃんと綴じてる。
110205_153528.jpg
完成!
110205_153201.jpg

以上になります。
厚過ぎるのを作るとお絵描き中に背が割れて別れたりします。
今回はA4コピー用紙の束1センチくらいを使って作ってみました。
メモ帳みたいに1枚ずつぺりぺりもできます。
(失敗作っぽいのはたまに束で取れちゃったりしますが…)
失敗しないコツは、のりをつける時に練り込むような感じでつけるのと、
きちんと乾かす、ということくらいだと思います。
2、3回作ればすぐに慣れて綺麗に作れるかと思います^^
スポンサーサイト
無線綴じの作り方
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。